【アニメーションで解説】ハック思考 須藤憲司

【ハック思考】はこんなあなたのための書籍です。

●売り上げを増やしたい人
●CV率を高めたい人
●今までとは違った成果を出したい人
●マッチング率を高めたい人
●新規プロジェクトリーダー

【ハック思考の目次】

第1章 世界をHackするための2ステップ
第2章 真の因果の見つけ方
第3章 “視点”の引き出し
第4章 “方法”の引き出し
第5章 “勇気”の引き出し
第6章 人生の出来事すべてが引き出しになる

アニメーションで解説はコチラ👇

チャンネル登録はコチラ

動画を観る時間がない方に、イラストと文章で解説👇

今回の動画では、 「ハック思考」 という本を解説します。

「新型コロナウイルスの流行など 不確実性の増す社会経済」 
「AIをはじめとした新技術の到来で 仕事そのものがなくなる危機」
「超高齢化社会による労働人口の減少」


私たちは前代未聞かつ攻略困難な ゲームに挑んでいる。
このような危機的状況において大切なのは、
いかに時間当たりの成果を高めるかだ。


そこで重要なのが「ハック」です。

ハックとは、
1つの経験からなるべく大きな成果を得られるように、
転換効率を劇的に高めること。

それは車で例えるならばギアチェンジにあたる。
ギアをシフトアップするほど、
アクセスを踏み込んだ時の最高速度も速くなり、
短時間で遠くまで行けます。

この本の結論は、

という内容です。

著者はリクルートのマーケティング部で活躍したのち、
アメリカでマーケティング支援の
スタートアップ企業Kaizen Platform社を立ち上げた
須藤憲司さんです。


そしてハックという理念にもとづき、
名だたる大企業のWebサービス のUI改善、
動画広告改善を行なっている。


本書では、
須藤さんがリクルートや
スタートアップ経営を通じて得た豊富な経験から、


ハックを行う際の大切なポイントと、
仕事の生産性を上げる知恵が紹介されている。


読んでいると、思わず
「あ~!その手があったのか」と つぶやくこと間違いなし。


限られた時間で最高の成果を上げたい方、
最短最速で成長したい方、
必見の一冊である。


本書の重要なポイントを
3つに絞って解説していきます。

スクリーンショット 2020-08-01 20.59.34

①成果をハックする方法
②真の因果の見つけ方
③ハック思考の切り口

それでは順に解説していきます。
まず1つ目のポイント

①成果をハックする方法

スクリーンショット 2020-08-01 21.00.09

「あぁ、やっぱりこの人も同じだ」と、
歴史上の偉人に関するマンガを
読んだ幼い頃の須藤さんは思いました。

幼き頃の著者はこういったマンガが
大好きで、何冊も読んでいた。

そこで気付いたのが、
こうしたストーリーの共通点は

「偉人は世の中の人とは違った目で 世界を見つめていて、後になって 世間の人々は、その偉人の視点が 正しいと気付いた」

ということ。
一般的に信じられていたことが、
真実とはまったく異なっていたということは、 歴史上たくさんあった。

スクリーンショット 2020-08-01 21.00.59

つまり世界とは、疑ってみたほうが
いいものなのである。


須藤さんはこれまで一貫して、
「世界を違った目で見つめてみよう」 と努力してきた。


世の中の常識とは異なる目で
世界を見てみると、
世の中の人が信じている因果関係とは異なる因果を
見つけられることがある。


これはまさに絶好のチャンスだ。

スクリーンショット 2020-08-01 21.01.24

その因果関係のスキマを狙ってハックすれば、
大きな成果を得られるからである。


つまり世界をハックする方法とは、 次の2つのステップからなる。

スクリーンショット 2020-08-01 21.02.11

(1)世界を違った角度から見つめ、
 他人が気付いていない規則性や法則に気付く


(2)その規則性や法則を構成する システムのスキマに介入する


須藤さんはこの方法を活用して起業。
現在は世界の名だたる企業のデジタル戦略について、
ともに考えるパートナー として活躍しています。

②真の因果の見つけ方

スクリーンショット 2020-08-01 21.03.17

ハックを行ううえで大切なのは、
既存のルール(規則性や法則)を知ることです。


ルールがないものはハックできないからだ。


そのルールを知る最初の一歩が
「世界を疑うこと」であり、それには
「観察」「考察」「推察」「洞察」
が大事になってきます。

スクリーンショット 2020-08-01 21.03.33

夏休みの宿題であった、
朝顔の観察日記を思い出してみてください。

スクリーンショット 2020-08-01 21.04.11

そこには、以下のように4つの行為が登場していた。


(1)「観察」:変化を見つける
→昨日はつぼみだった朝顔が今朝咲いた

(2)「考察」:観察から規則性や法則を導き出す
→花とは朝に咲くものだろうか

(3)「推察」:考察によって導き出した規則性や法則の転用先を探し出す
→朝に咲かない花もある。
なぜ、朝顔は朝に咲くのだろうか。
他にはどんな花が朝に咲くのだろうか。


この「観察」「考察」「推察」という行為を繰り返して、
それぞれが導き出す
「変化」「法則」「転用先」の精度を高めていく。

スクリーンショット 2020-08-01 21.04.31

(4)「洞察」:観察・考察・推察を同時に行うことで、
目の前で現実に起きた事象とまったく異なる因果関係に気づく

→朝顔の花が朝に咲くということは
「朝に活動する虫が受粉を助けている」
または「虫の助けがいらない」のどちらかだろう。

スクリーンショット 2020-08-01 21.05.06

これからの時代は、
既存の知識が通用しなくなる可能性が高い。


ちょっとした疑問があればGoogleで検索してしまえばいいからだ。
知識力だけを見れば、
Googleに勝るものは存在しない。


逆に重要になってくるのが、
「良質な問い」である。

スクリーンショット 2020-08-01 21.05.58

この良質な問いを可能にするのは、
子どものときの好奇心だ。


子どもの頃、「なぜ?」「なぜ?」を繰り返して、
親を困らせたことはないだろうか。


私たちは大人になるにつれて、
知識を得ていくことで、
この「なぜ」という好奇心を失っていってしまう。

スクリーンショット 2020-08-01 21.06.15

③ハック思考の切り口

スクリーンショット 2020-08-01 21.06.37

ここからは、
須藤さんが物心ついてから
20数年にわたって身に付けてきた皮膚感覚としての知恵を、

それぞれ
“視点”“方法”“勇気”という3つの引き出しに分けてご紹介します。


まず世界を違った角度から見るためには、
モノゴトの“視点”には
いくつものパターンがあることを理解しなければならない。


具体的には、以下の3つのパターンが存在する。

スクリーンショット 2020-08-01 21.07.19

鳥の目:高い視点、広い視野、全体観
虫の目:深い視点、狭い視野、詳細把握
魚の目:流れを読む、客観、相対性


この3つの見方が存在することを理解すれば、
視点の幅を広げることができる。


そして場合に応じてこれらのメガネをかけ分け、
モノゴトを見ていくのだ。


たとえば次の質問に対して、
この3つの視点を用いたとき、
あなたならどう答えるであろうか。


「あなたが中学校2年生とすると、
中学生の身の回りにあるものと
中学校で学ぶ知識だけを使って、
最強のビジネスモデルを考えるとするならば、
それはなんでしょうか?」

スクリーンショット 2020-08-01 21.18.51

この問いは、
須藤さんの実体験にもとづいてます。


中学生のとき父親が会社を辞めました。
そこで須藤さんは、
少しでも家計を助けるために高校進学を諦めて、
就職しようと考えました。


ですが金を稼ぐことについて、
まったくわかっていないことに気が付きました。


そこで儲かる仕組みについて思いを巡らし、
お金を稼ぐ仕組み(ビジネスモデル)を
考えていきました。

スクリーンショット 2020-08-01 21.19.22

そして世界史の教科書を読み込んで見つけたのが、
宗教・賭博・資源・国家
というビジネスモデル。

スクリーンショット 2020-08-01 21.19.36

つまり

「宗教や賭博のように市場成立のハードルが低く、裾野が広いもの」
「資源のように原価がタダ同然であるもの」
「国家の税金のように、日常にあるものに手数料をかけられるもの」

は有利に働くということを理解しました。

スクリーンショット 2020-08-01 21.19.57

こうした視点を現代社会に転用すると、
たとえばブランドやタレントは現代に
おける新しい宗教として見ることができます。

スクリーンショット 2020-08-01 21.20.15

また、AndroidやAmazonは
プラットフォームを提供することで、
そこから手数料を得ている国家のようなものといえます。

スクリーンショット 2020-08-01 21.20.30

須藤さんは新規事業の立ち上げを検討する際、
いまでもこの4つのポイント
を欠かさずチェックしているそうです。


須藤さんは本業であるネットサービスの
改善において、2万回以上のユーザーテスト
(行動観察)を行なってきた。

スクリーンショット 2020-08-01 21.21.27

そこで次のようなことがわかった。
ユーザーがウェブサイトを訪問して
まず行うことは、


「このウェブサイトは何か?」
「このサービスは何か?」
といった理解です。


これが0.2~0.3秒以内に行えないと、
そのサービスの成立は難しい。

スクリーンショット 2020-08-01 21.21.48

何かしらの目的を持って
そのウェブサイトに訪れているユーザーは、
サービス内容が理解できなければ、
すぐにそのページから離れてしまいます。


買うか買わないかの判断は、
あくまでこの理解の後に行われる行為なんです。
では一瞬で理解してもらうにはどうすればいいのでしょうか?


ここで大切になってくるのが、
視覚情報(ビジュアルコミュニケーション)。


五感の中でも、
視覚は圧倒的に情報量が多いため、
さまざまな情報を一瞬で伝えられます。

スクリーンショット 2020-08-01 21.22.50

ビジュアルコミュニケーションは、
ビジネス成果の向上に大きく影響する
ことを念頭に置くべきなんですね。


また、ビジネスは、投入される資金
と従業員の労働時間の総和を使い、
拡大していくものだ。


それを表すと、次の式になる。

スクリーンショット 2020-08-01 21.23.07

お金×時間=事業成長

「お金」と「時間」の投入量を変えずに
事業成長できるかどうかは、
グロース=転換効率
のよさにかかっているんです。

スクリーンショット 2020-08-01 21.23.44

たとえばこのグロースを、
自転車が前に進むスピードだとします。


そうするとグロースを伸ばすには、
「一生懸命漕ぐ」「ギアを上げる」
の2つの方法が考えられる。


ただしこのとき、
多くの人々は
一生懸命漕ぐことを考えてしまいがちです。


しかしギア自体を上げれば回転運動を
スピードに変更する効率がよくなるし、
一漕ぎで遠くまで行けるようになる。

スクリーンショット 2020-08-01 21.24.50

続いて勇気の引き出しです。
実際に行動に移すうえでは、
思い切りが大切になってきます。


須藤さんはこの思い切りを、
スタートアップ経営などのさまざまな
経験を通して培ってきました。


小さなことを気にするよりも、
事業が進む方向を本質的に
見定めることのほうが、
決定的に重要ということです。

スクリーンショット 2020-08-01 21.25.17

新しいことに取り組んでいると、
どうしてもいろいろな人に
いろいろなことを言われるものです。


そうした声に耳を傾けつつも、
「あるべき姿は何なのか?」
という問いを忘れないようにしましょう。

スクリーンショット 2020-08-01 21.25.52

本書ではその他にも、
須藤さんの経験や知恵が豊富に紹介されています。


また、須藤さんが感銘を受けた多数の言葉も紹介されており、
これも自身の引き出しを増やすうえで
大いに参考になるでしょう。


ぜひ本書を手にとって
あなたのビジネスに活かしてくださいね!


それでは最後におさらいしましょう。

①成果をハックする方法

世界をハックする方法とは、
次の2つのステップからなる。

(1)世界を違った角度から見つめ、
 他人が気付いていない規則性や法則に気付く

(2)その規則性や法則を構成するシステムのスキマに介入する

②真の因果の見つけ方

ハックを行ううえで大切なのは、
既存のルール(規則性や法則)を知ること。

そのルールを知る最初の一歩が
「世界を疑うこと」であり、

それには
「観察」「考察」「推察」「洞察」
が大事になってきます。

スクリーンショット 2020-08-01 21.27.07

③ハック思考の切り口

世界を違った角度から見るためには、
モノゴトの“視点”には3つのパターン
が存在します。

スクリーンショット 2020-08-01 21.27.35

鳥の目:高い視点、広い視野、全体観
虫の目:深い視点、狭い視野、詳細把握
魚の目:流れを読む、客観、相対性

この3つの見方が存在することを理解すれば、
視点の幅を広げることができます。